LouisRousseletルイロスレー パールリボンネックレス

LouisRousseletルイロスレー パールリボンネックレス SOLD OUT

サイズ:首回り 40cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

フランスのグラスビーズメーカーでありジュエリーデザイナーでもある、ルイロスレーのネックレス。

ロスレーのジュエリーにアイコニックな、魚のうろこをマテリアルとした essence d'Orient を使ったイミテーションパールが使われています。

小さなシードパールで胸元に大きなリボンがデザインされ、さらにぷっくりとした丸みのあるドロップパールがアクセントに。

シードパールがひとつひとつメタルリンクで繋がれ、メッシュのようになっています。

ループになったメタルピースで作られたフラワーのモチーフやフープ、チェーン部分にまでデザイン性があり、こだわりの感じられる丁寧なクオリティ高い作り。

胸元にもすっと落ち着いて、ヴィンテージパールの落ち着きある風合いが、品良く華やかなアイテムです。

ドレッシーなスタイルにはもちろん、Tシャツなどにカジュアルに合わせても素敵なネックレスです。


センターのドロップパールのみ、付け替えられたものではないかと思います。
他2つとシェイプは少し異なりますが、カラー、質感共に相違はなく、違和感のあるものではありません。

良好なヴィンテージコンディションですが、古いものの雰囲気をご理解いただける方にお届けできればと思います。


** Louis Rousselet**

1892年にパリで生まれ、幼少期からグラスビーズの修行を積んたルイロスレー。
1922年にはグラスやガラリス、essence d'Orientを使ったイミテーションパールの生産を始め、ハンドメイドビーズの世界的な主要ソースとなります。

ビーズはすべて長年のトレーニングを受けた職人によるハンドワークで作られ、自身の工房で作られたビーズを使って制作されたハイクオリティのジュエリーは、シャネルやロバート・ピゲ、バルマンなどのトップデザイナーにも提供されていました。

その確かなクオリティとデザインの美しさには、他のデザイナーの群を抜く価値が与えられ、フランスを代表するジュエリーデザイナーのひとりとなったロスレー。

彼のジュエリーのほとんどにはネームサインがなく、ペーパータグのみで販売されていたため、彼のピースであることを保証するのが難しいものもあります。

その繊細さと凛とした存在感を兼ね揃えた特徴的なジュエリーは、見る者を魅了する美しさにあふれ、今なお高く評価されているジュエリーデザイナーのひとりです。


● 素材 | グラスパール ブラストーンメタル
● サイズ | 首回り 40cm
● 年代 | 1930年代頃
● 生産国 | フランス

Necklace ネックレス 一覧へ戻る

PAGE UP