18Kゴールド カンティーユピアス

18Kゴールド カンティーユピアス SOLD OUT

サイズ:縦横1cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

※ コンディションに難ありなため、詳細を十分にご確認の上ご検討ください。

カンティーユは19世紀初頭に流行したジュエリースタイル。
細いコイル状のゴールドのワイヤーとビーズで、刺繍のようにデコレーション施すジュエリー技法。
ゴールドが希少で非常に高価であったジョージアン後期に、より見栄えのするジュエリーを求めて流行したアンティークジュエリーのスタイルです。

こちらは、通常のカンティーユジュエリー同様にハイカラットのイエローゴールドが用いられたピアス。

正確な年代の判別が難しいですが、おそらくヴィクトリアン中期から後期のものではないかと推測しています。

華やかなカンティーユジュエリーは、美しいのはもちろんですが、当店が提案したい現代のファッションに合うアンティークジュエリーにはそぐわないと感じるものも多いです。

しかしこちらのピアスは、カンティーユの持つ雰囲気を驚くほどに今っぽくファッショナブルに見せてくれます。

普段のファッションをクラスアップしてくれる、高級感のあるアンティークピアスです。

ゴールドのサインはありませんが、テスト済みです。
紛失防止のシリコンキャッチを付けてお届けします。


片方のピアスのコイル状のワイヤーが一部ロスしている箇所があります。
ズーム写真でははっきりと確認できますが、肉眼では全く気が付かなかったレベルです。

また、片方のフックの付け根部分が弱っていたため、ジュエラーにて補強のリペアを行なっています。
そのため片方が磨かれて色味が明るくなっています。(写真参照)
実物は写真ほど色の相違は気になりませんが、プライスには大きく反映させています。

まだまだ十分にお使いいただけるアンティークコンディションですが、古いものの雰囲気をご理解頂ける方にお届けできればと思います。

* こちらのジュエリーには、当店発行の品質保証書を付けてお届けします。


● 素材 | 18Kゴールド
● サイズ | 縦横1cm
● 年代| 1870~1880年代頃

High Jewellery ハイジュエリー 一覧へ戻る

PAGE UP