Louis Rousselet ルイロスレー ペキングラスドロップ シルバーピアス

Louis Rousselet ルイロスレー ペキングラスドロップ シルバーピアス SOLD OUT

サイズ:縦5.7cm 横1.7cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

ナチュラルストーンのようなグリーンのグラスが美しい、フランス製のシルバーフックピアス。

トップクオリティのグラスビーズを製作していたフランスのジュエラー、ルイロスレーのピースだと思われます。

ロスレーの手がけたジュエリーに関するリファレンスが多く残っていないため、判別するのが難しいものも多くありますが、こちらは使われているマテリアル、パーツなどを見ても、ロスレーのジュエリーの特徴が現れたピースです。

ありそうでない絶妙なグリーンカラーのグラスで、3つのタッセルがドロップしたデザイン。

フィリグリーや植物のビーズキャップのメタルにデザイン性が感じられ、素材の良さがしっかりと引き立つ作りです。

ピアスフックにはシルバーが用いられています。

どこかエキゾチックなフレンチグラスが存分に堪能できる、質の良いオーセンティックなアールデコのピアスです。


良好なヴィンテージコンディションです。


- Louis Rousselet - 

1892年にパリで生まれ、幼少期からグラスビーズの修行を積んたルイロスレー。
1922年にはグラスやガラリス、essence d'Orientを使ったイミテーションパールの生産を始め、ハンドメイドビーズの世界的な主要ソースとなります。

ビーズはすべて長年のトレーニングを受けた職人によるハンドワークで作られ、自身の工房で作られたビーズを使って制作されたハイクオリティのジュエリーは、シャネルやロバートピゲ、バルマンなどのトップデザイナーにも提供されていました。

その確かなクオリティとデザインの美しさには、他のデザイナーとは一線を画す価値が与えられ、フランスを代表するジュエリーデザイナーのひとりとなったロスレー。

ジュエリーのほとんどにはサインがなく、ペーパータグのみで販売されていたため、ロスレーのピースであることを保証するのが難しいものもあります。

繊細さと凛とした存在感を兼ね揃えた特徴的なワークは、見る者を魅了する美しさにあふれ、今なお高く評価されているジュエリーデザイナーのひとりです。

 ルイロスレーについて


● 素材 | グラス スターリングシルバーフック シルバートーンメタル
● サイズ | 縦5.7cm 横1.7cm
● 年代 | 1930年代頃
● 生産国 | フランス

Pierce ピアス 一覧へ戻る

PAGE UP