High Jewellery Hallmark ホールマークについて

Gold Hallmark

多くのアンティークジュエリーに用いられているホールマーク。
それぞれの国によって、ホールマークのシステムが違いますが、イギリスのホールマークを例に紹介します。

イギリスでホールマークが登場したのは13世紀頃。
それから何度も規定を改良しながら、現在もなお用いられています。
通常、

  • 金属の種類を示すマーク
  • 金属の純度を表すナンバー
  • 金属の査定を受けた場所である、アッセイオフィス(シティ)マーク
  • メーカー(ジュエラー)のマーク
  • 製造された年を表すアルファベットのデートレター(現在はオプショナル)

これらのマークが揃って初めてホールマークと呼ぶことができ、ゴールドのカラットが押されただけのものなどは、ホールマークとは呼べません。

しかしこれらのホールマークが厳しく義務付けられたのは、規定が改良された1973年以降。
現在のホールマークシステムのベースにもなっている1973年の規定と、それ以前のものでは大きく違いがあります。
ジュエリーにホールマークが見られない場合の理由には、

  • ホールマークが義務付けられている金属重量以下のジュエリー
  • ジュエリーのデリケートなデザインにより、ホールマークを入れるのが不可能な場合
  • リペアやサイズ直しなどによって、ホールマークが消えてしまっている場合
  • ウェディングリングやモーニングリング

特に、多くのリングがウェディングリングという扱いの元、ホールマークを免除されていました。
このため、1900~1930年代頃までのリングの多くは、9ctや18ct、またプラチナを表すPlat など、金属の純度とメーカーマークのみ見られるものが多くあります。

時間をかけて丹念な手作業で作ったジュエリーに、ホールマークを刻まなくて良いのであれば、ジュエラーたちはできるだけ傷を入れることを避けたのです。

そもそもは、消費者を守り、正式なトレードを確保する目的で作られたホールマークですが、現在では、アンティークジュエリーの年代を判別し理解を深めるために、大きな役割を占めています。

Silver Hallmark

シルバーは、925などのシルバーのマークが入っているだけではホールマークとは呼べません。

  • 92.5%以上の純度であることを表すスタンダードマーク
  • 金属の査定を受けた場所である、アッセイオフィス(シティ)マーク
  • メーカー(ジュエラー)のマーク
  • 製造された年を表すアルファベットのデートレター(現在はオプショナル)

これらのマークが揃って初めてホールマークと呼ぶことができます。

ホールマークのあるシルバーは、オフィシャルなトレーディングを通って出回ったシルバーで、クオリティーも高く、より信頼のあるシルバーとして扱われます。
しかしアンティークのシルバージュエリーには、ホールマークが入っていないものがほとんどで、SILVERやSTERLING、シルバーのグレードの数字のみが入っていることが多いです。


PAGE UP