ヴィクトリアン カットスチール ホースシューピアス

ヴィクトリアン カットスチール ホースシューピアス NEW
Price
¥32,000- (税込)
QTY

サイズ:縦1.2cm 横1cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

コレクタブルなヴィクトリアンジュエリーのひとつ、カットスチールのホースシューピアス。

幸せを象徴するモチーフとして愛されたホースシューは、多くのアンティークジュエリーに用いられています。

カットスチールは、そもそもはダイヤモンドの代替品として、その輝きを模して作られたマテリアル。

1700年代から1800年代にかけて、最も人気が高く、多くのジュエリーに用いられました。

こちらは、おそらくヴィクトリアン後期のカットスチールだと思われますが、それでも製作の多くが手仕事で行われたことが伺える作り。

そのため、左右の形やそれに合わせたスタッドの大きさが多少異なり、使われているベースメタルにも色の違いがあります。

残っているジュエリーの形で、その価値にも大きく差がありますが、通常このようなピアスは、立派なアンティークジュエリーとして高価な価値が付いています。

グラスやジェムストーンとはまた違う、とても品の良い輝きを放ち、着用するとよりその美しさが映えます。

私も似たようなものを所有していて、お気に入りのピアスのひとつです。

大切にしていただける方の元へお届けできればと思います。


デリケートなマテリアルであるため、全体的に経年が見られますが、風合いを損ねるものではないと思います。
古いものの雰囲気をご理解頂ける方にお届けできればと思います。


→カットスチールについてのブログ記事はこちら←


● 素材 | カットスチール
● サイズ | 縦1.2cm 横1cm
● 重量 | 1.3g
● 年代 | 1880年代頃

High Jewellery ハイジュエリー 一覧へ戻る

PAGE UP