T.L.M. バタフライウィング ラウンドシルバーイヤリング

T.L.M. バタフライウィング ラウンドシルバーイヤリング NEW SOLD OUT

サイズ:縦横 1.2cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

バタフライウィングのシルバースクリューイヤリング。

バタフライウィングジュエリーの中でもイヤリングは出回っている数が少なく、バイイングが難しいアイテム。

こちらのバタフライウィングは、明るいコバルトブルーのカラーに、発光するように放たれるパープルのティントが特に美しいウィング。

角度によって異なる妖艶な発色が魅力的です。

バタフライウィングジュエリーのトラディショナルな作りで、ベゼルセッティングで覆われたバタフライウィングが、カボショングラスで閉じ込められ、その周りをシルバーのロープのディテールが囲っています。

シルバーのスクリューは、ソリッドで作りが良く、耳たぶから滑り落ちることのないよう、シルバーのビーズがあしらわれています。

耳元で密かに存在感を放ち、バタフライウィングの凜とした存在感を、さりげなく楽しめるイヤリングです。


良好なヴィンテージコンディションです。


** Thomas L. Mott (TLM) **


 イングランドのジュエリーメーカー、Thomas L. Mottは1920年から30年代にかけて、バタフライウィングのジュエリーを世に広めたひとり。
1924年にロンドンで行われたGreat Empire Exhibitionで、リバースペイントを施した新しいバタフライウィングジュエリーを紹介し、ファッショナブルな新しいバタフライウィングジュエリーの流行をもたらしました。

多くのものがスターリンシルバーのトラディッショナルなデザインで作られ、通常バックにはサインが入っています。
比較的多く出回っているブローチ以外にも、ペンダントやイヤリングは特にレアで、非常にコレクタブルに扱われているジュエリーです。


● 素材 | バタフライウィング グラス スターリングシルバー
● サイズ | 縦横 1.2cm スクリューの幅0.5cm
● 年代 | 1920~1930年代頃
● 生産国 | イングランド

Earring イヤリング 一覧へ戻る

PAGE UP