Louis Rousselet ルイロスレー パールフリンジイヤリング

Louis Rousselet ルイロスレー パールフリンジイヤリング NEW SOLD OUT

サイズ:縦4cm 横1.5cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

フランスのグラスビーズメーカーでありジュエリーデザイナーでもある、ルイロスレーのクリップイヤリング。

ロスレーのジュエリーに特徴的に使われる、魚のうろこを材料とした essence d'Orient を使ったイミテーションパールが使われています。

ペアシェイプのバロックパールとラウンドのパールでペイズリーのようなシェイプが形成され、アシンメトリーにドロップしたパールのフリンジがアクセントとなったデザイン。

ベースのフィリグリーメタルにパールのワイヤーがマウントされた、ロスレー特有の作りです。

左右どちらでもお好きな方向で身に着けていただけます。

メタルのはっきりとした素材は分かりませんが、おそらくシルバーを含むメタルが使われているものと思われます。

ワイヤータイプのクリップは、すっきりとした作りで、着け心地よくしっかりと留まります。

艶々としたパールの美しさとファッション性を兼ね揃えた、デザイン性高いスペシャルなイヤリングです。


片方のイヤリングのペアシェイプのパールにひとつロスがあります。
良く見ないと気付かないもので、デザイン的にさほど違和感はありません。

パールのワイヤーにゆるみのある箇所が接着で固定されていますが、質の悪い手の加え方ではありません。
このタイプのイヤリングはとてもデリケートな作りですので、丁寧にお取り扱いされるようおすすめします。

まだまだご使用いただけるヴィンテージコンディションですが、古いものの雰囲気をご理解頂ける方にお届けできればと思います。


** Louis Rousselet**

1892年にパリで生まれ、幼少期からグラスビーズの修行を積んたルイロスレー。
1922年にはグラスやガラリス、essence d'Orientを使ったイミテーションパールの生産を始め、ハンドメイドビーズの世界的な主要ソースとなります。

ビーズはすべて長年のトレーニングを受けた職人によるハンドワークで作られ、自身の工房で作られたビーズを使って制作されたハイクオリティのジュエリーは、シャネルやロバートピゲ、バルマンなどのトップデザイナーにも提供されていました。

その確かなクオリティとデザインの美しさには、他のデザイナーとは一線を画す価値が与えられ、フランスを代表するジュエリーデザイナーのひとりとなったロスレー。

ジュエリーのほとんどにはサインがなく、ペーパータグのみで販売されていたため、ロスレーのピースであることを保証するのが難しいものもあります。

その繊細さと凛とした存在感を兼ね揃えた特徴的なワークは、見る者を魅了する美しさにあふれ、今なお高く評価されているジュエリーデザイナーのひとりです。

  ルイロスレーについて


● 素材 | グラスパール シルバートーンメタル
● サイズ | 縦4cm 横1.5cm クリップの長さ1.1cmx奥行き幅0.3cm
● 年代 | 1940~1950年代頃
● 生産国 | フランス

Earring イヤリング 一覧へ戻る

PAGE UP