アンティーク ギルトメタル ダブルフープイヤリング

アンティーク ギルトメタル ダブルフープイヤリング SOLD OUT

サイズ:縦横2.3cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

アンティークのスペシャルなデザインのフープイヤリング。

スクリューイヤリングが出回り始めた、ヴィクトリアン後期からエドウォーディアン頃のピースだと思います。

この時代にはすでにプレシャスメタルや宝石を使わないコスチュームジュエリーが作られていました。
素材のコストを下げたものの、ハイジュエリー同様のスキルで作られ、今では高い価値の付くものも多くあります。
1950年代以降にさらに生産の加速するコスチュームジュエリーとは確実に一線を画すジュエリーです。

ベースに用いられているのは、ゴールドではなくゴールドトーンのメタルですが、一見ゴールドと見間違えるような質感とクオリティ高い作り。

スクリューがデザインの一部のようにも見えるこのようなイヤリングは、個人的にも好きなデザインで、これまでにもいくつかご紹介してきました。
その中でも群を抜いてデザインに優れたこちらのイヤリングは、3つのフープがリンクで繋がれ、耳元で小さく揺れ動きます。

この先もきっと同じものに出会うことはまずないだろうと思う、唯一無二の希少なピース。

今なお新しささえ感じさせるセンスにあふれた、スペシャルなイヤリングです。


良好なアンティークコンディションです。


● 素材 | ゴールドトーンメタル
● サイズ | 縦横2.3cm スクリューの幅0.6cm
● 年代 | 1900年代頃

High Jewellery ハイジュエリー 一覧へ戻る

PAGE UP