アンティーク カットスチール タイニーフライブローチ

アンティーク カットスチール タイニーフライブローチ SOLD OUT

サイズ:縦2.1cm 横1.7cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

カットスチールの小さなフライのブローチ。

カットスチールは、18世紀に登場したダイヤモンドの代替品として製作されたマテリアル。
18世紀から19世紀にかけて最も人気が高く、20世紀初頭まであらゆる装飾品に用いられました。

ひとつひとつ職人の手によってスチールスタッドにファセットが施され、ポリッシュして特有のラスターを作り出すという、気の遠くなるようなクラフトマンシップが費やされています。

カットスチールの輝きは物によりまちまちですが、やはりラスターの強いものの方がクオリティ良く、価値が高いです。

こちらはブルーがかったラスターのカットスチールが羽に用いられ、その他のカットスチールもひとつひとつ形や大きさが異なる個性が感じられます。

グラスやジェムストーンを使ったハイジュエリーとはまた異なる価値と魅力を秘めたアンティークジュエリーです。

ピンはCクラスプでカチッと留まります。


良好なアンティークコンディションです。


カットスチールについて


● 素材 | カットスチール ゴールドトーンメタル
● サイズ | 縦2.1cm 横1.7cm
● 年代 | 1880~1890年代頃

High Jewellery ハイジュエリー 一覧へ戻る

PAGE UP