LouisRousseletルイロスレー パールクラスターイヤリング

LouisRousseletルイロスレー パールクラスターイヤリング SOLD OUT

サイズ:縦横 2cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

フランスのグラスビーズメーカーでありジュエリーデザイナーでもある、ルイロスレーのクリップイヤリング。

ロスレーのジュエリーに特徴的に使われる、魚のうろこを材料とした essence d'Orient を使ったイミテーションパールが使われたアイテム。

大小のパールがクラスターしたのみのシンプルなデザインですが、パールの質感をとっても他にない存在感があり、ロスレーらしさが感じられるピース。

イヤリングバックは、シルバーのフィリグリーベースが美しいロスレーのアイコニックな作りで、すっきりとしたワイヤークリップは、しっかりと着け心地良く留まります。

着けた途端、気品と高級感を感じさせ、気分を高めてくれるような、スペシャルなパールイヤリングです。


パールには、マイナーな小さな傷が見られます。

相応のヴィンテージコンディションですが、古いものの雰囲気をご理解いただける方にお届けできればと思います。


** Louis Rousselet**

1892年にパリで生まれ、幼少期からグラスビーズの修行を積んたルイロスレー。
1922年にはグラスやガラリス、essence d'Orientを使ったイミテーションパールの生産を始め、ハンドメイドビーズの世界的な主要ソースとなります。

ビーズはすべて長年のトレーニングを受けた職人によるハンドワークで作られ、自身の工房で作られたビーズを使って制作されたハイクオリティのジュエリーは、シャネルやロバート・ピゲ、バルマンなどのトップデザイナーにも提供されていました。

その確かなクオリティとデザインの美しさには、他のデザイナーの群を抜く価値が与えられ、フランスを代表するジュエリーデザイナーのひとりとなったロスレー。

彼のジュエリーのほとんどにはサインがなく、ペーパータグのみで販売されていたため、彼のピースであることを保証するのが難しいものもあります。

その繊細さと凛とした存在感を兼ね揃えた特徴的なワークは、見る者を魅了する美しさにあふれ、今なお高く評価されているジュエリーデザイナーのひとりです。


● 素材 | グラスパール シルバー
● サイズ | 縦横 2cm クリップの長さ1cmx奥行き幅0.5cm
● 年代 | 1950年代頃
● 生産国 | フランス

Earring / Pierce イヤリング 一覧へ戻る

PAGE UP