クリアグラス クレセント シルバーブローチ

クリアグラス クレセント シルバーブローチ SOLD OUT

サイズ:縦横 2.4cm

写真は拡大して撮影しており、実物よりも大きく見えることがあります。サイズにはご注意ください。
また撮影に使われている什器や小物は販売商品ではありません。

ヴィクトリアン後期に好んで用いられたモチーフ、クレセントのシルバーブローチ。

クレセントは個人的にも好きなモチーフで、これまでにもいくつも似たようなブローチを仕入れていますが、全く同じものに出会ったことはありません。
まだジュエリー製作の多くを手仕事に頼っていた時代で、グラスのセッティングひとつにも、クオリティや個性が現れるためです。
バイイングの際には、その中でも特に作りの良いと思うもののみをセレクトしています。

こちらは、サークルに近いクレセントシェイプに、大きめのクリアグラスが埋め込まれるようにセットされたデザイン。

透明感と落ち着きのあるアンティークグラスの質感が良く感じ取れ、その重厚感と繊細なモチーフが、絶妙なバランスを作り出しています。

厚みのあるシルバーが贅沢に用いられ、バックは丸みのある作り。

程よく存在感のあるサイズも使いやすく、ヴィクトリアンジュエリーのロマンティックな雰囲気を堪能できるブローチです。

ピンはCクラスプでカチッと留まります。


グラスに極わずかな欠けのあるものがあります。
ファセットの部分で肉眼ではほとんど分かりませんが、ルーペで確認すると、マイナーな欠けが見られます。

個人的には全く気になるレベルではありませんが、古いものの雰囲気をご理解頂ける方にお届けできればと思います。


→  クレセントジュエリーについてのブログ記事はこちら ←


● 素材 | スターリングシルバー グラス
● サイズ | 縦横 2.4cm
● 年代 | 1900年代頃

Brooch ブローチ 一覧へ戻る

PAGE UP